文藝評論家=山崎行太郎の『 毒蛇山荘日記(1)』

文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記1(1) 』です。

STAP細胞事件のその後の展開。渋谷一郎という人が書いた「STAP細胞は、何故潰されたのか?」(ビジネス社)が送られてきた。小保方晴子擁護論である。若山照彦、須田桃子、遠藤高帆等を、資料や文献に基づいて厳しく批判している。その後、あれほど頻繁に内部情報を暴露し続けた若山照彦、遠藤高帆、須田桃子等は、沈黙を続けている。何故、反論しないのか?反論できないのか?謎である。まったく科学的ではない。



👈応援クリックよろしくお願いします!



👈応援クリックよろしくお願いします! (続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html